<th id="orwxc"><track id="orwxc"></track></th>

    <dd id="orwxc"><big id="orwxc"></big></dd>
    1. <dd id="orwxc"><center id="orwxc"></center></dd>
      <nav id="orwxc"><big id="orwxc"><noframes id="orwxc"></noframes></big></nav><dd id="orwxc"><noscript id="orwxc"></noscript></dd>

      1. <span id="orwxc"><pre id="orwxc"><rt id="orwxc"></rt></pre></span>
        <li id="orwxc"></li>
        <dd id="orwxc"><pre id="orwxc"></pre></dd>
        <rp id="orwxc"><strike id="orwxc"><kbd id="orwxc"></kbd></strike></rp>
        1. <rp id="orwxc"><acronym id="orwxc"></acronym></rp>

          <button id="orwxc"><object id="orwxc"><cite id="orwxc"></cite></object></button>
        2. <li id="orwxc"><tr id="orwxc"><u id="orwxc"></u></tr></li>

          COMPANY會社情報

          研究?成果

          真摯な研究による最新技術を
          製品づくりに活かします。

          ミキモト コスメティックスは、創業者?御木本幸吉の真摯な研究姿勢を今に受け継ぎ、
          常に最新の技術を製品づくりに反映できるよう努力を重ねています。
          その研究は自社だけでなく大學との産學研究體制をとるなどの
          ネットワークを活かし、高いレベルにおいて推進されています。

          1894年~1980年
          醫薬品から化粧品へ

          1942年 貝殻又は真珠を原料としたリン酸カルシウムの製法に関する特許を出願(特許第157205號)
          1943年 リン酸カルシウムの製法改良特許出願(特許第173592號)
          1966年 化粧品製造業の業態許可を取得
          1970年 ミキモト化粧品の販売を開始

          1981年~2000年 
          次々に新技術を開発。腳光を浴びた確かな技術力。

          1982年 安全性にこだわった無香料無著色スキンケアシリーズを発売
          1984年 三重大學と生化學に関する共同研究を開始
          1985年 化粧品工場に「超純水」製造裝置導入
          1988年 液晶を含む化粧料に関する特許を出願(特許第1681692號)
          1989年 合成ベントナイト利用エマルション技術に関する特許を出願(特許第2116902號)
          1990年 「液晶技術」の製品化に成功
          富山醫科薬科大學と生薬に関する共同研究を開始
          1991年 DDS(ドラッグデリバリーシステム)評価を開始
          1992年 化粧品工場に超高圧乳化裝置(ナノテクノロジー)を導入
          1993年 界面活性剤を使用しない「NS乳化技術」の製品化に成功
          1994年 第18回IFSCCイタリアベネチア大會において、「NS乳化技術」を発表
          1995年 「NS乳化技術」が第45回工業技術賞を受賞
          1997年 真珠関連遺伝子解析でNature誌に論文掲載(Nature 387, 563-564)

          2001年?現在 
          産學の連攜を強化?;捚烽_発は新たなステージへ。

          2001年 超高圧乳化技術に関する特許を出願(特許第4756493號)
          2006年 東京大學と真珠に関する共同研究を開始
          2007年 順天堂大學と皮膚に関する共同研究を開始
          「ナノ化エマルション製法技術(特許第5230965號)」の製品化に成功
          2008年 「ナノCLCカプセル技術(特許第5642924號)」の製品化に成功
          化粧品の保存効力性の予測に関する論文掲載(防菌防黴, 36(11), 741-748)
          2010年 「ファイバークロス技術」を駆使した製品化に成功
          2012年 「美容トリートメントによる生理的?心理的効果」に関する論文掲載(日本統合醫療學會誌,5(1):79-82,2012)
          アコヤガイの全ゲノムを世界に先駆けて解明し論文掲載(DNA Research(電子版))
          2013年 化粧品工場に「超純水」新システム設置
          2014年 抗菌タンパク質S100A7に関する論文掲載(British Journal of Dermatology,171(4):742-53,2014)
          肌評価に関する論文掲載(日本香粧品學會誌, 38(2):87-91)
          2015年 真珠素材の研究を高レベルで実現する真珠素材研究棟竣工
          「The roles of host defense protein S100A7/psoriasin in the skin」第4回東アジア皮膚科學會議(EADC 2016)にて學會発表
          パールアパタイト(ヒドロキシアパタイト)の製造方法に関する特許を取得(特許第5791907)
          2016年 ISO22716(ISO化粧品GMP)適合認証
          ピュアパールミネラルの抗酸化及びメタロチオネイン産生促進に関する特許を取得(特許第6039321)
          「Host defense protein S100A7/psoriasin regulates pores in the epidermis: aquaporins and tight junctions」
          第40回日本研究皮膚科學會(JSID)にて學會発表
          2017年 コレステリック液晶成分と、表面が親油性の水不溶性粒子と、水相を配合した組成物に関する特許を取得(特許第6213973)
          シート狀マスクの化粧セットに関する特許を取得(特許第6151032)
          2018年 オリジナル化粧液調合裝置に関する特許を取得(特許第6357043)
          デンドライト伸長抑制剤及び美白用化粧料に関する特許を取得(特許第6454097)
          「ハンドマッサージによる前頭前野における脳賦活および自律神経への影響」IFSCCミュンヘン大會にて學會発表
          2019年 パールコンキオリン®のエンドセリン-1産生抑制に関する特許を取得(特許第6474058)
          ピュアパールミネラル®のタイトジャンクション機能強化に関する特許を取得(特許第6480133)
          皮膚の輝きを改善する化粧料に関する特許を取得(特許第6480134)
          2020年 「Development of a Novel Technique Formulating “Pearl” Luster」および
          「Genetic correlation between the effects of cosmetic ingredients and the expression of skin differentiation-related genes」IFSCC日本大會にて學會発表
          波多野结高清无码中文观看_日本最新最全无码不卡免费_日本成人在线看片_亚洲第一区欧美日韩精品